• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

漢方は経験的に学んだ、効能を規則にまとめたものです

中国を起源とし朝鮮半島を経由し日本に渡ってきました。 オランダから入ってきたものは「蘭方」と呼ばれ、中国からのものを「漢方」と呼びました。 工業的・化学的に作られたもので無く、自然界に存在する植物や鉱物、動物など、様々な症状に効く事を経験則的にまとめ上げた治療方法です。 Read More

漢方薬の歴史は?

オランダからの「蘭方」は杉田玄白「解体新書」にも見られるように、西洋科学を根拠に人体について進化を遂げました。
「漢方」は中国・漢の時代に日本に渡ってきました。
漢方薬は「生薬」呼ばれます。
植物、鉱物、動物など、経験的に個人の症状・体質に合うものを処方します。
漢方では人間はもともと自然治癒力を持っていると考えられています。
その自然治癒力を高めるために生薬と呼ばれる漢方薬を人体に投与します。
その際、単に体の症状を改善させるだけでなく、患者さんに心身両面からアプローチします。
単に「薬」を飲んで良くなっただけでなく、体の改善が、心の改善にもつながることを重視しています。
体よりむしろ心を重視していると言えるでしょう。
「病は気から」と言うことになります。
短期的に症状を改善する「蘭方」とは違い、時間をかけて体質そのものを改善し、病に侵されにくい体質に変化させることを最終目標にしています。
単純に肉体を回復させることだけではなく、体と共に心も健全にすることです。
不定愁訴や更年期障害の様に病気とは言えない症状を改善していきます。
日本にも漢方以前にも薬はありました。
民間薬と呼ばれ、代表的なものには、千振(センブリ)やゲンノショウコの様なものあります。
民間薬は1種類のみで構成されていますが、漢方薬は複数の生薬を組み合わせます。
複数の生薬を組み合わせることで、効能の有効性や安全性を高めたりします。
漢方の効能は個々の生薬の加算でなく、生薬の組み合わせによって相乗効果を得られます。

西洋医学と東洋医学の違いについて

例えば、機械が停止しました。 外れたネジが原因でした。 西洋医学では新たなネジを締めなおし、すぐ再稼働します。 東洋医学では、何故ネジが外れたのかを考えます。 機械の置かれた位置から、振動が原因だと分かりました。 振動を無くすことから始めます。 表層的な原因追求だけでなく、根本原因を取り除きます。 Read More

現代は即効性の時代

生産性重視の現代では、ともかく時間・コストをかけずに回復するさせることが重視されます。 結果、根本原因(体質改善)が取り除かれる事無く、何度も即効性のある注射や薬を続ける事になります。 即効性のある薬は、当然摂りすぎると副作用が現れる事もあります。 最近は、漢方(東洋医学)の考え方も見直され始めています。 Read More