西洋医学と東洋医学の違いについて

漢方薬の効果があるのはどんな症状か

漢方薬は病気を治癒するという考え方よりは、病気にかからない様に体質を改善しようと言う考え方です。
当然「風邪をひきました」症状でも処方される生薬は個人の体質によって異なってきます。
一般の「風邪薬」は病原体を排除しますが、漢方薬は体質改善なので、今日飲んで明日改善されましたということはありません。
中には即効性のものもありますが、やはり体質改善を目指しているのですから、長い目で漢方薬を服用する必要があります。
体質改善されたら、そのために飲んでいた漢方薬は必要無くなります。
お医者様と良く相談して、薬の服用を停止することも必要です。
余った薬はあなたのために処方されています。
効果があり、余ったからと言って他の人に勧めるようなことは止めましょう。
漢方薬はあなたの体質を見て、あなたのために処方されたものです。
体質の異なる人が飲めば全く違った効果が出てしまいます。

体質が変われば出される漢方薬も違います

お医者様から以前と違ったお薬を処方されるかもしれません。
以前の薬を飲み続けることであなた自身の体質が改善されたのです。
当然、改善された今のあなたに最も適した漢方薬が処方されます。
漢方薬を飲むタイミングは何時が良いのか?
西洋薬の場合ですと、食前、食間、食後、等々、細かく飲む時間が決められています。
中には効果が良すぎて胃粘膜を荒らす可能性があるので、必ず食後(空腹時を避ける)に服用し、それを抑えるための薬も同時に処方されたりします。
漢方薬は概ね緩やかに効いてきますので厳密な時間はありません。
食前(空腹時)に飲むものが多いようです。
空腹時に服用すれば、吸収を促進してくれます。
人の体調は常に同じであることはあり得ません。
変化し続ける体調・体質に合った生薬を飲んでください。
そのためにもお医者様と常に相談を致しましょう。